ベトナムの星

vietnamnam.exblog.jp

ニンソンとのお別れ

授業を終えた翌日の旅行は、車酔いがひどい先生や行ったことがある先生方は参加されず、少人数での旅行となりました。
しかし一度も見たことのない先生の旦那や知人なども参加するいつものVN人旅行。
楽しかったというよりも、そんなVN人の楽しそうな顔を見ることができたのが楽しい旅に。
最後のカメラマンとして役目を果たしに果たしました!

そして翌週は片付けにつく片付け。
最後の最後まであらゆるものをねだられては拒否!
そして逆ギレされたまま一緒に生活、という大家さんとの戦いに疲労がたまるたまる。
大量の抜け毛はもしや円形脱毛か?と思いましたが、大丈夫でした。よかった~。
そして任地以外の知り合いに会いに行ったり、隊員と会ったりして少しずつお別れ。

任地を立つ前日には私と退職の先生を祝う学校での食事会。
記念品はやっぱり絵をもらい。
最後の食事もやっぱり犬&酒まみれ。

まだ明日最後の別れがあると自分で分かっているつもりでしたが・・・途中で号泣。
というかお酒で自制が効かなくなったからかなぁ?
校長先生のつぶやきも、色んな先生の一言も全てが泣き所をつくものへ。
ベトナム人って結構別れにあっさりしてるからきっと驚かせたことでしょう。

そして別れの朝。
車をわざわざ借りてきてくれた教頭先生。
あっさりしてると思ってたら最初に一緒に号泣した元校長先生の奥さんとの別れ。
家まで荷物を取り&運びに来てくれた学校の先生達。
男の子も関係なく、抱きついて来てはバイバイ!&ハイタッチの子ども達。
強く手を握って涙ぐんでくれた先生。
結婚したら絶対相手紹介しなさいよ!と笑う先生。
私の顔の涙を優しく拭ってくれた先生。
大家のお母さんとは最後までうまくいかず、申し訳なさそうに見送ってくれたお父さん。
涙顔の私に「どうしたの?」と尋ねるしらないおばあちゃんの優しい顔。

霧雨の中、まるで物語が終わっていくようなそんな村の人との別れ。

ここでいっぱい涙が出たのはきっと別れがつらいんじゃなくて。
悲しいというか、やっぱり言葉が分からなかった分の気持ちのすれ違いは、
好きな人とはとことん仲良くなりたい私にとっては悔しかったのかなぁ。

もっとありがとうの気持ちを伝えたかった。
もっと気持ちを理解しあいたかった。
もっと一緒にくだらない話で笑いたかった、とかきっとそういう類の涙。

ハノイへ向かった車には校長・教頭と退職した先生が付き添ってくれて。
JICA事務所まで来て、最後にJOCVを世話してくれている担当の調整員と面談。

校長先生の話を通訳してもらって正確に聞くことができて良かった!
私の思いも正確に伝えられて良かった!
別れ際の、これまで一度も泣かなかった校長先生の涙顔は忘れません。
本当に、本当にいい出会いでした。

活動を書くために書いてきたこのブログ。
ここで終ろうとも思いましたが、もうちょっと続けようと思います。
[PR]
by etoetoetou | 2009-03-16 20:08