ベトナムの星

vietnamnam.exblog.jp

わかりやすいのは子どもたち

サッカー2週目。
もうですね、何というか、やる気が違うわけですよ。
言わなくてもペットボトル凍らせて持ってきたり、先に空地へ行っていたり…。
「今日は授業最後の時間だから長めにやろうね♪」なんて言ってくるわけです。

わかっちゃいましたが、、、ここまであからさまにやる気の違いを見せられると
他の運動だってもっと私がしゃべれて上手く授業できたら楽しいのに!!と言いたい。
でも結局、魅力的な教材には敵わないですねぇ。

そんなこんなで、授業は順調です。
男子は熱くなり過ぎてセルフジャッジがたまに上手くできませんけど。
女の子たちが本気で怒り試合をやっている姿にはびっくり。
私のチーム分けも気に入らないと「チーム変えよ!」と言ってくる。
しかも自分たちで分けさせてもいい塩梅に力を等分したチームができていたりして。

先日は放課後に「せんせー、ボール貸してー!」と男の子と女の子。
「来週授業なくなるんでしょ!?なら来週できないし。おねがーい♪」とまあ、鋭いご指摘。

それぞれにボールを貸したけれど、なんと結局一緒にサッカーしていました。
サッカーも一緒に!?またもじーん。もうさすがにウルウルはしませんが。
キャリア組の子ども達は、他のクラスの授業の時に3コートあるので私が別の場所で見ていても、勝手にジャッジしてくれていたりします。いうこときかない他の子に注意したりとか。

慣れってすごいですねぇ。
よく考えたら私が1年以上付き合った子ども達は日越史上この子たちが初めて。
持ち上がりのクラスってこんな感じなんでしょうかね。
そして来週出張で授業ができないと伝えると「えーまたー?」なんて言われ。
本当に言語が違うだけでやりとりは日本にいる時のよう。ごめんなさい。

出張を告げ授業が無くなる不安を煽ったせいか、それから頻繁に聞かれるのは
「いつ日本に帰るの?」
どれだけサッカーが好きなん!(笑)
[PR]
by etoetoetou | 2009-02-21 14:19